プエラリアのイソフラボン含有量は大豆の40倍

23.06.14 / プエラリア / Author: / Comments: (0)

WS02951

プエラリアは植物性エストロゲンであるイソフラボンを豊富に含むマメ科の植物です。
世界ではタイ北部、ミャンマー山岳地帯など、亜熱帯地方にしか生息していません。
日本では葛に似ており、根にはショ糖や食物繊維が豊富な塊があります。
イソフラボンの含有量は大豆のおよそ40倍になり、若返りの元として知られています。

エストロゲンは女性ホルモンの中でもバストアップに大きく関わりがあります。
脂肪をつきやすくする働きは、バストの9割を占める脂肪を増やすことですから、エストロゲンがどれだけ大切か分かるでしょう。
プエラリアには、このエストロゲンを活性化させるために必要な類緑体やミロエストロール、デオキシミロエステロールなどが含有されています。
さらに女性の豊胸にとってうれしい美乳効果のあるプエラリンという成分が含まれており、現在多くのサプリメントなどに使用されています。
注意点は1日の摂取量を越えないことです。
プエラリア自体を食べることに問題はありませんが、成分が凝縮されているサプリメントなどをとる場合、体調不良などの副作用を起こす危険性があります。
日本では1日あたり30mgと定められていますので、この摂取量を守るようにしましょう。

しかし、日本で加工製造されたプエラリアを含むサプリなどは安全性が高いといえます。
というのも、日本のメーカーが開発したサプリ類は日本人の体に合わせ、厚生労働省の基準などを遵守しているためです。
海外から輸入されたものは、海外の基準に沿っている可能性も高く、日本人には量が多すぎることがあります。
そうすると副作用等の心配もありますので、選ぶなら日本のメーカーが作ったサプリを選ぶようにしましょう。
プエラリアの豊胸効果は高く、今非常に注目を集めています。
バストアップを目指したい方は、チェックしてみてはいかがでしょうか。

バスト下垂の悩みを解消(コラーゲン対策)

30.06.14 / プエラリア / Author: / Comments: (0)

WS02953

バストが下垂する理由は色々あります。
例えば妊娠すると乳腺が発達し、バストは大きくなります。
しかし授乳期間が終わると乳腺は退化し、脂肪だけが残ったバストはしぼんでしまいます。
年齢によって筋力が衰えると大胸筋や僧帽筋が衰えてしまい、さらにコラーゲンが減るためハリが失われます。
また、バストを支えるためのクーパー靭帯が伸びることでも、バストの下垂につながります。
しかし、ケアをしっかり行えば、バストの下垂は最小限にとどめることができます。

バストの下垂を防ぐためには、まず乳腺を増やすことです。
そのためにはマッサージで刺激すること、そして女性ホルモンの分泌を促すことが大切です。
乳腺マッサージは授乳後の方や年齢によってハリがなくなってきたという方に有効なバストアップ方法です。
乳腺の退化は脂肪への変化です。
脂肪は重たいですから下垂につながってしまいます。
またバスト周辺の筋肉を鍛えることも大切です。
妊娠中は体を思うように動かすことができませんから、筋力の低下につながります。
しかし大胸筋や小胸筋を鍛えることで、バストを支えることが可能となります。

肌のハリはバストにも必要です。
しかし肌のハリを保つことは、エクササイズなどでできることではありません。
バストアップクリームなどがありますから、マッサージの際に使用したり、コラーゲンやプラセンタといったサプリメントを摂取して、ハリを作り出すことも考えてみましょう。
バストアップに必要なのは、下垂を防ぐための内側と外側からのケアなのです。

AAカップのバストアップ方法

23.06.14 / AAカップ / Author: / Comments: (0)

WS02952

AAカップのバストアップ方法は、脂肪の量を増やすことから始まります。
バストの割合を見てみると、実は乳腺細胞は1割にしか満たず、残りの9割は脂肪です。
つまり、大半を占める脂肪が増えなければ、バストアップはかなわないということです。
しかし体はパーツごとに分けることはできませんから、バストだけに集中してしまうとサイズアップは成功しません。
体全体のケアをしっかり行うことで、女性の持つ丸のある体つきになり、バストアップも可能となります。

大切なことは絶対に大きくなるという気持ち、意気込みです。
AAカップが2~3カップ以上大きくなるためには時間が必要、ということは誰もが創造つくことでしょう。
バストアップのための矯正下着やエクササイズ、マッサージはいろいろと公開されていますが、2~3ヶ月で大きな変化を遂げられるかというとそうではありません。
徐々に大きくなってきたと実感することで、精神的にも楽になり、続けられるようになるのです。

そのためには半年ほどの期間をかけるつもりで、バストアップ方法を試しましょう。
例えばリンパトリートメントは毒素を排出し、胸への栄養補給がスムーズになります。
大胸筋だけではなく、背中や小胸筋を鍛えることで、バストの形がよくなります。
また女性ホルモンのバランスを整えるために、生活習慣を改善し、睡眠時間をとることが大切です。
その他にも、サプリメントや矯正下着をつけることもバストアップに役立ちます。
長い目で見て、効果を実感していきましょう。